貯金方法とは



貯金方法とは、その人の貯金の平均によっても変わってきます。
他人に勝つのではなく、あくまで自分に勝つという貯金方法をもっていればお金も自然と身につくように思います。

貯金方法とは、お金を育てる方法でもあり、手段だと捉えてみると意外とすんなり受け入れられるかもしれません。
それでも、ちょっと我慢してみたり工夫するだけで、良い貯金方法というのは身に付くものなのです。
旅行に行く時は旅行貯金、結婚する時は結婚貯金など、名前を付けてモチベーションを維持し続ける貯金方法もあります。
いろいろ資金が掛かるからこそ、節約していたいですし、効率の良い貯金方法があるなら誰でも気になりますよね。
でも結局、貯金箱を壊しちゃったり、預金を引き出したりして、貯金方法に失敗してしまうのが常です。あるいは、何か貯金のコツみたいな情報や貯金方法はないのかと、日々考えている人は少なくないでしょう。
貯金方法のやり方によって、難しいと思う人がいるかもしれませんし、生活に合わないからと諦める人もいるでしょう。
ですが、貯金方法はあくまで自分の意思で変えていった方が、問題も起きないでしょう。
あまり気にしないという人もいれば、いくつになっても貯金方法が気になるという人、様々でしょう。
貯金方法を実戦している人ほど、他人の貯金平均を気にする人が多いようです。
よく他人と比較しないと気が済まない人がいますが、あまり気にせず、気楽な貯金方法を実戦してみましょう。
以前、友人は、いろいろ節約を考えて五百円貯金箱を用いて小銭を貯めたりする貯金方法を始めていました。
貯金方法は、世間一般の評価ではなく、あなた次第ともいえます。
勝ち組、負け組といった呼び方もありますし、そういった風潮に感化されて貯金方法を見直す人もいるくらいです。
節約をする貯金方法は、例えばインターネットなどを調べていると、いろいろありますよね。
あまり他人を気にせず、自分のペースにあった貯金方法を探してみましょう

集客アップ→売上アップの絶対法則

2000社の成功例から見つけた
本書は、船井総研の若手ナンバーワン・コンサルタント小野達郎が、顧問先2000社の成功例から見つけた「7つの演出」を紹介する。「7つの演出」とは「安さ感」「安心感」「お値打ち感」「お得感」「限定感」「特別感」「親近感」のこと。これらの具体例をイラストや図版、実際に効果を上げたチラシとともに、100項目にまとめた。

集客アップ→売上アップの絶対法則

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 「7つの演出」でモノは売れる!/第2章 「安さ感」を演出しよう/第3章 「安心感」を演出しよう/第4章 「お値打ち感」を演出しよう/第5章 「お得感」を演出しよう/第6章 「限定感」を演出しよう/第7章 客層訴求で「特別感」を演出しよう/第8章 「親近感」を演出しよう
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
小野達郎(オノタツロウ)
(株)船井総合研究所執行役員。大阪第二経営支援本部本部長。関西大学卒業。1987年(株)船井総合研究所入社。以来、一貫して流通・サービス業・メーカー・卸の販売促進コンサルティングを手がけ、勉強会も含め、アドバイス先は2000社を超える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

モバイル決済推進協議会の役割


クレジットカードよりも敷居が低く現金よりもフットワークの軽いモバイル決済は、いずれ世の中の主流となるかもしれません。
もう既に、ある分野では一般的なものとなっていますね。
このモバイル決済推進協議会は2005年に発足され、今後の促進活動に注目が集まっています。
サービスの提供側と利用側との利害関係が、うまく一致したのです。
導入に際して必要になるコストなど、サービス提供側には厳しいかもしれませんがモバイル決済におけるメリットを考えると踏み出す勇気は正解かもしれません。
因みに、モバイル決済推進協議会はMOPPAという名称で呼ばれることもあるようです。
この両方を持つことも可能という事で、これからモバイル決済を利用してみようかという方にはお勧めかもしれません。
モバイル決済を利用するかしないかは個人の自由ですが、料金を支払うという行為に楽しさが見出せそうとは思いませんか。
料金徴収という都合上、モバイル決済を導入しておいた方がサービス提供側にとっても好都合なのです。
これは私の主観ですが、ただの支払いよりもモバイル決済を利用した楽しい支払いであれば積極的にサービスを受けたいと考えます。
このQUICPayはカードタイプと携帯電話で利用するタイプとがあり、ライフスタイルによって自由なモバイル決済が可能になっています。

モバイル決済推進協議会は、JCBのQUICPayというものを中心として共通インフラを目指しています。
実は、現状ではモバイル決済には幾つもの企画があり統一性がありません。
確かに、利用出来る場所と利用出来ない場所があるモバイル決済は便利なようで不便さを感じてしまうのかもしれません。
発足自体もひっそりしていた感は否めず、世間的な認知度も低めのモバイル決済推進協議会ですが、私としては活動に期待したいです。
参加している企業はもちろん、モバイル決済という事で携帯電話会社をメインとしてクレジットカード会社なども参加しているようです。
現在ではJCBの提案しているQUICPayというシステムを中心に構成しているようですが、他のモバイル決済への対応も期待されています

人とお金が集まるブログ作りの秘伝書

とっておきの秘技
ブログをただのWeb上の日記だと思っていませんか?使い方次第でブログは強力な商売の道具になります。繁盛ブログの創設者が秘訣を一挙公開。

人とお金が集まるブログ作りの秘伝書

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 今さら聞けない「ブログ」の正体/第2章 アクセス数を劇的にアップさせる秘技/第3章 リピーターを増やすブログ活用の秘技/第4章 読み手を惹き付ける文章作法の秘技/第5章 あなたのブログでお金を儲けるための秘技/第6章 ブログで困ったときのトラブル脱出の秘技
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
石崎秀穂(イシザキヒデホ)
1974年生まれ。大阪出身、千葉在住。神戸大学工学部卒業後、山崎製パン(株)中央研究所に勤める。退職後、ノーリスクで副収入が得られるという話を聞き、ホームページを作成する。メルマガやブログを集客ツールとして利用し、月収45万円を達成。「稼げるノウハウ」の提供がインターネットビジネス界全体としての利益になると信じて、自身のノウハウを「サイト運営情報局!」にて公開中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

モバイル決済とiPad

モバイル決済という料金支払いのシステムも、今やすっかりお馴染みのものとなってきましたね。
とは言え、今ではまだまだモバイル決済が料金支払いシステムとして主流になったとは言い難いです。
既に実用レベルにあるとは言え、モバイル決済にはまだまだセキュリティ面などに一抹の不安を抱えています。
現段階でモバイル決済に対して少々気後れしている方は、こうした背景の影響を少なからず受けているのでしょう。
また、直接現金でやり取りしないという面もある意味でモバイル決済から人を多少なり敬遠させているのかもしれません。
モバイル決済について更なる情報やiPadとの関係について、ブログやサイトからチェックしてみるとより面白いかもしれません。
単純な話のように思えてその実、なかなか奥が深いですね。

モバイル決済は、今はほとんどの携帯電話で利用出来るのではないでしょうか。
携帯電話でのモバイル決済と言えば、やはり使い勝手の良い非接触型のEdyが一般的でしょうか。

モバイル決済の利用が躊躇われる理由は色々ありましたが、何よりもまずサービス提供側が対応しなければなりません。
どれだけ私達消費者サイドがモバイル決済を求めても、その環境が整っていなければ何も出来ませんからね。
ならば導入すればいいじゃないかとなりますが、当然無料ではありません。
モバイル決済に対応するためには相応のコストが掛かるため、結果として基礎が固められないのです。
そして、今iPhone以上に注目されているiPadでもモバイル決済が利用出来るようです。
と言っても、流石にiPadを非接触型のモバイル決済として利用するのは格好が悪いです。
iPadに専用のカードリーダーを接続する事で、即席のモバイル決済端末が出来上がってしまうのです

アクセス解析でホームページの集客を極める本

来客者を分析し効果的な検索エンジン対策を施そう!クッキーやJavaScriptを駆使した解析法も詳解。

アクセス解析でホームページの集客を極める本

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 アクセスアップのためのアクセス解析の重要性/2 アクセス解析の基礎/3 リンク元やクライアント情報とエラーの活用/4 解析データから生きた情報を読み取る/5 アクセス解析で検索エンジン対策を極める/6 クッキーなどを駆使したさらなる情報収集
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
水野貴明(ミズノタカアキ)
1973年東京生まれ。横浜育ち。大学院卒業後、システム会社に就職。インターネットの普及により、さまざまな方に出会う機会を得て1999年より執筆活動を開始。現在は、「MacPeople」(アスキー)などの雑誌で執筆活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

非接触型のモバイル決済

モバイル決済を利用すれば、現金を持ち歩かずに済み煩わしい小銭に翻弄される事もなくなります。
これは、モバイル決済のメリットそのものと言っても過言ではないでしょう。
実際、この手軽さがウケて少しずつではありますがモバイル決済を利用出来る環境が整ってきているのではないでしょうか。
或いは、モバイル決済という概念が一新されて全く別のシステムに変更されるのかもしれません。
現時点でネックとされているインフラ整備におけるコスト高も、やがては解消されてどこでもモバイル決済が利用される世界になるのかもしれません。
ご存じの方も多いでしょうが、非接触型のシステムはかなり多く存在しています。
しかし、便利ではあるもののインフラ整備が必須とされるシステムでもあります。
非接触型に関しても、対応する端末が用意されていなければ意味を成しませんからね。

モバイル決済は、非常に便利なシステムです。
現状ではそれ専用の端末が導入されており、非接触型端末があってもモバイル決済を利用出来ないような状況があります。
それ以前に、非接触型のモバイル決済には互換性という大きな障害が存在するのですが。
今の世では、完全にモバイル決済に依存して生活するのは困難と言えるでしょう。
非接触型によるモバイル決済の手軽さは、財布をバッグから取り出す作業現金を数える作業お釣りをしまう作業の全てを省略してくれます。
サービスを利用する私達だけでなく、モバイル決済はサービス提供側にとっても煩雑な作業が減るため効率アップに繋がっているのでしょう。
いずれにしても、求められる要素は一緒です。
幾らモバイル決済が便利だからと言って、セキュリティ面に脆弱性が見つかれば使用は控えられるでしょう。
まだまだ発展途上の技術ですが、今後の動向には注目してみたいです。

日本一やさしいネットの稼ぎ方

ネットで稼ぎ続ける人は何が違うのか
2人の成功クライアントのストーリーを通して、ネットで稼ぐポイントを解説。彼らはなぜ成功することができたのか?その秘密は…。

日本一やさしいネットの稼ぎ方

情報商材に関する成功への道のりが、実際の成功者2名を例に書かれています。どんな手順でアクセスを増やし、成約率を上げ、稼いでいったのか、コンサルティングされた著者の的確な判断が功を奏していったようすが面白くて一気に読みました。
僕は情報商材になるようなネタは無いので関係ないようですが、ネットショップ運営などやる場合は応用がきく内容だと思いました。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 ゼロからのスタートは1本の電話から始まった/2 お金をほとんど使わずに月収40〜80万円稼ぐ/3 マーケティングを仕掛けて月収100〜150万円稼ぐ/4 必ずくる落とし穴を克服して月収100万円を確保する/5 最終ステージで月収500〜1000万円稼ぐ/6 最低10年は月収500〜1000万円稼ぐ/7 もしもあなたがゼロからスタートするのなら…
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
平賀正彦(ヒラガマサヒコ)
集客請負人。ネット110番代表。ネットビジネスに限定したクライアントの成功率では日本一のコンサルタント。中央大学商学部経営学科卒。卒業後、大手パチンコチェーン店に入社。トイレ掃除から始まり、6年後に店長へ就任。集客、売上管理、50名を超える従業員管理のすべてを担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

モバイル決済と生命保険



モバイル決済という手段も、今では当たり前に利用されるものとなってきました。
モバイル決済とは、一体何なのか。
既に気づかれた方も多いかと思いますが、モバイル決済が利用される場面は一つに限定されません。
簡単に言ってしまえば、携帯電話を利用した料金支払いシステムの事です。
各々が、それぞれ利用した経験があったり身近だったりするモバイル決済について思い浮かべた事でしょう。
今や国民の大多数が所持していると言われている携帯電話を使って、誰でも簡単にモバイル決済は利用する事が出来るのです。モバイル決済が主にどんなシーンで利用されているか、皆さんは御存知でしょうか。
そこで、このモバイル決済というシステムを利用した様々な事業が展開されるようになってきました。
と言っても、生命保険の支払いが現金で行われる事はほとんどありません。
今後更に、生命保険以上に驚きの分野でモバイル決済を利用する機会が生じてくるかもしれません。
しかし、普通生命保険などの支払いは元々現金で行われないと思いますね。
クレジットカードを利用するためには専用の機器が必要になるのですが、モバイル決済端末は持ち運びが出来るサイズで場所を選びません。

モバイル決済は、導入する際に聳えるハードルさえ超えてしまえばサービス提供側と消費者のどちらにとっても便利なシステムです。
セキュリティ面での課題などがまだ完全に解決されたとは言い難いですが、モバイル決済の発展とともに解決されていくのではないでしょうか。
そんな将来が楽しみなモバイル決済についての詳細な情報は、ブログやサイトから簡単にチェックする事が出来ます。
実際に、今では多くの生命保険会社などがモバイル決済端末を導入しているようです。
モバイル決済が便利で有用なシステムであることは既に判明しているので、そう時間の掛かる事ではないでしょう

できる100ワザアフィリエイト改訂版

ブログ・ホームページでがっちり儲ける実践ノウハウ
サイトのテーマや商品の選び方からモバイルアフィリエイトの活用法、SEOを使った集客や詳細なアクセスの分析までアフィリエイトを極める最新の100ワザを厳選。

できる100ワザアフィリエイト改訂版

アフィリエイトの概要を掴むにはいい本だと思いました。
一晩でさくっと読めましたが
かと言って初歩的すぎてイライラするということもなかったです。
サイトデザインに1章が割かれていて、
ある程度の知識はあるので今更読むのもなあと思いましたが、
アフィリエイトという観点から得るものもあり、満足しています。
逆に言うと、HTMLやCSSについて全く知識のない方には
とっつきにくいところがあるかもしれません。
アフィリエイトの成果は、
本人のやる気に左右されるところが大きいんだろうなと、
この本を読んで感じました。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 アフィリエイトの基本/第1章 魅力あるテーマのブログやホームページを企画するワザ/第2章 儲かる商品のリンクを張るワザ/第3章 わかりやすいブログやホームページを作るワザ/第4章 ブログやホームページに人を呼び込むワザ/第5章 ブログやホームページを育成・運営するワザ
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
小林智子(コバヤシトモコ)
「悩みドットジェイピー」など、複数のアフィリエイトサイトを運営しているママさんアフィリエイター。ネットショップのコンサルティング、通信教育「アフィリエイター養成講座」の講師、講演など活躍の場を広げている

杉村崇(スギムラタカシ)
インディーズレーベルの運営経験から音楽マーケティング教材を開発し、5年間に渡り約2000組のアーティスト・レーベル関係者のサポートを行う。2003年、アフィリエイトモール「Shop Walker」を開設。電脳卸ホームページコンテストにて3連続グランプリ獲得。現在、IT関連会社、メジャーレコード会社を中心にインターネットマーケティングのコンサルティングを行っている

和田亜希子(ワダアキコ)
住友銀行、ライコスジャパン(検索エンジン)、カレン(メールマーケ支援企業)を経て、2001年にアフィリエイト・マーケティングの導入支援、運営代行等を主業務とする有限会社バードハウスを設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

モバイル決済とクレジット

モバイル決済と聞いて、何となく少額の取引に限定したシステムと考えていませんか。
どちらも手元に現金を必要としない、という大きな特徴がありますね。
まだまだ発展途上のシステムですが、今後どう飛躍していくかを見守ってみませんか。
幸いにもモバイル決済代行サービスを行っている会社は多く、物理的な投資も必要としないのでグンと手軽に利用できるのが特徴です。
なかなか、便利な世の中になってきましたね。
しかし、便利だからと言ってモバイル決済を利用し続けているといつの間にか残高ゼロなんて事になりかねないので注意が必要です。

モバイル決済は確かに使い易くなってきましたが、流石にクレジットカードに比べると汎用性の面で劣ります。
一見すると出来そうですが、実はそうとも限りません。
そもそも、クレジットカードとモバイル決済とを比べる事自体が時期尚早かもしれませんね。
クレジットカードで決済を行うという概念はそのままで、中間にモバイル決済というシステムを挟むのです。
つまり、認識としてクレジットカードのそれにモバイル決済は限りなく近づいているのです。

モバイル決済もクレジットカード決済も、大体で見れば同じ概念のシステムです。
確かにモバイル決済の黎明期にあっては間違った認識ではありませんが、徐々にモバイル決済のカバーする範囲は広がりを見せています。
これはかなり画期的な事で、クレジットカード決済やモバイル決済のシェアを拡大するのに不可欠な要素でした。
モバイル決済による支払い形態の多様化は、私達にサービス利用の幅を広げさせてくれました。
また、サービス提供側にしてもモバイル決済は料金徴収を容易にし運営の幅を広げる結果に繋がったのではないでしょうか。
最近ではもっと高額の、ネットショッピングの支払い形態の一つとしてモバイル決済が選択される事も少なくありません。
では、どうすれば良いのでしょう

月に100万稼げるドロップシッピング

個人がブログ等で行なえる無店舗・無在庫販売=ドロップシッピングが広まりをみせている。その基本的なしくみと開設方法にとどまらず、類書にはない”稼ぎ方”までを、気鋭のネットショップコンサルタントが具体的に解説する。

月に100万稼げるドロップシッピング

この本のタイトルにあるように本当に月100万円稼げるとは思わなかったのですが、ドロップシッピングに興味があったので購入してみました。
ドロップシッピングとは何か?というところから、実際に成功している人がどのような営業活動をしているかを紹介していたりするので、初〜中級者の人が満足できる内容ではないかと感じました。
これからドロップシッピングをなさる方、なさっている方が参考にするには丁度いいんじゃないでしょうか。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「劇的に集客する」検索エンジン対策、「売れる商品」の見分け方、「買わせるページ」作りのコツ、「先輩ドロップシッパー」の成功事例。誰でもできる売上アップ・ノウハウの決定版。
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 初めてのドロップシッピング。すべての「?」にお答えします。/第2章 先輩ドロップシッパーに聞く「私、ドロップシッピングで成功しました!」/第3章 「売れる商品」を見極める絶対法則。/第4章 「売れるページ作り」のコツを徹底的に教えます。/第5章 とっても簡単。勝ち残るための「検索エンジン対策」。/第6章 成功にもう一歩近づくための「本気ワザ」を大公開!
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
竹内謙礼(タケウチケンレイ)
中小企業の販促戦略立案、新規事業や起業アドバイスを行なう経営コンサルタント。有限会社いろは代表取締役。観光牧場「成田ゆめ牧場」の企画広報に携わり通信販売や実店舗の運営、企画立案等を行なう。楽天市場に出店したネットショップはオープン3年目で年商1億円を達成。2年連続で楽天市場のショップ・オブ・ザ・イヤーを受賞。起業家育成事業の「ドリームゲートカレッジ」において、ネットショッププロコースのメイン講師のほか、全国でセミナー活動を行なう。また、現在ではドロップシッピングのノウハウを低価格で教えるセミナー「もしも大学」の学長として活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

モバイル決済代行サービスの内容

モバイル決済を利用する機会も、昔とは比べ物にならない程増えてきたのではないでしょうか。
かく言う私も以前、モバイル決済を利用してそれなりの取引をした経験があります。
気軽に利用出来るというポイントは、思っている以上にモバイル決済のメリットになっています。
少し前までは、ユーザーがモバイル決済のシステムを求めても導入コストなどの問題から普及は難しいと一部では言われていました。
モバイル決済を利用するのであれば最低限の携帯電話操作、たとえばウェブ閲覧などが出来れば問題はないでしょう。

モバイル決済が今後注目のシステムという事は実生活のなかからも分かりますが、その仕組について考えたことがありますか。
便利なものには必ず、その基礎を支える技術が存在します。
それが杞憂かどうかを知る意味でも一度、ブログやサイトからモバイル決済について詳しい情報をチェックしてみては如何でしょうか。
と言っても、モバイル決済を利用する際に利用者の全員がプログラムの知識などを有している必要はありません。
代行サービスとはその名の通り、代わりに作業をしてくれるものです。
実際には、モバイル決済代行サービスは消費者よりもサービス提供側のものと考えるでしょう。
商売の規模を広げたいけれどパソコン関連はよく分からない、なんて方はモバイル決済代行サービスを利用するのが良いかもしれません。
手軽に利用出来るモバイル決済が導入されていれば、それだけ商売のチャンスも増えますからね。
モバイル決済のシステムは、代行サービス会社が行っている事が多いです。
はじめに色々な手続きを踏む煩わしさこそありますが、モバイル決済のたびに毎回行う作業ではありませんからね。
確かに今でも完全に普及しているとは言い難いですが、身近なところから少しずつモバイル決済の環境が整備され始めています

10倍売る人の文章術

全米no.1のセールス・ライターが教える
これなら、大量に反応が返ってくる!最後まで読ませ、信頼させるお客を爆発的に増やす、コピーライティングの極意。あらゆる宣伝、販促文、通信販売、インターネット広告、プレゼンテーションに応用できる。

10倍売る人の文章術

今迄の自己流のビジネスで書いていた文章と比較して改善をした方が良い点が多数ありました。
今後は、こうした反省を元に自己改善をして行きたいです。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 お客を爆発的に増やす書き方、コピーライティングの秘密(知識の秘密/説得力という秘密/成功の秘密 ほか)/第2部 最高の成果をもたらす44のテクニック(反応に差がでる22のポイント/役に立つ22の心理的トリガー/予防と解決の秘密 ほか)/第3部 ポイントを検証する―具体例に学ぶ(伝説と広告の秘密/チャンスを逃さない秘密/大どんでん返しの秘密 ほか)
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
シュガーマン,ジョセフ(Sugarman,Joseph)
全米屈指の宣伝、広告文の書き手であり、通販事業で伝説を作り上げたパイオニア。1971年、みずからの会社JS&Aで、グラフィック以上にコピーを重視した全面広告を用いた販売手法で大成功をおさめる。79年にはその年を代表する「ダイレクトマーケティングマン」に選ばれ、91年にはダイレクトマーケティングへの長年の功績に対して「マクスウェル・ザクハイム賞」を受賞した

金森重樹(カナモリシゲキ)
1970年生まれ。東大法学部卒。ビジネスプロデューサー。投資顧問業・有限会社金森実業代表。物件情報の提供から、融資付け、賃貸募集の支援まで行う会員組織「通販大家さん」を運営し、会員が億単位の資産形成をするのをサポート(会員数1万7000人)。読者数10万人のメールマガジン「回天の力学」の発行者として、マーケティング業界でも著名(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

モバイル決済の今後


いつでもどこでも財布要らずで手軽に利用出来るモバイル決済は、うまく利用する事が出来ればかなり便利です。
ただ、うまく利用できない場合にモバイル決済は現金による決済よりも煩わしい作業を伴ってしまうかもしれません。
何よりもまず、モバイル決済を使用するための環境づくりで若干の投資と設定作業が必要になりますからね。

モバイル決済は今後、更なる成長が予測される分野です。
ブログやサイトから、モバイル決済について詳しい情報をチェックすることが出来るので参考にしてみると良いでしょう。
現状では、能動的に行動を起こさなければモバイル決済を利用する事は難しいと言えるでしょう。
と言っても、現時点でも既に私達は知らず知らずのうちにモバイル決済をいろいろな場面で利用しています。
分かりやすい所で言えば、着うたなどのコンテンツ利用料支払いの際、システムとしてモバイル決済を利用しています。
これらはモバイル決済のなかでも少額ですが、携帯電話を利用したウェブ閲覧の率が増加している背景を加味すれば、今後更に高額の利用もされていくでしょう。
実際に今、モバイル決済を利用した高額な買い物の数も少しずつ増加してきているようです。

モバイル決済の今後について、予測される未来図は各々にあるかと思いますが実際に辿られるかどうかは分かりません。
確かにモバイル決済を利用する数は増えていますが、インフラ整備が万全でないという理想と現実の捻れた状態がまさに今です。
今後この捻れが取れるとするなら、何か革新的な技術改革が必要かもしれません。
万全なセキュリティ体制が整わなければ、モバイル決済へ足を踏み込むのを躊躇い続ける方もいるでしょう。
確かに現金要らずの利点はありますが、モバイル決済では金銭の移動が曖昧です。
利便性からユーザーがモバイル決済を利用するのなら、それを利用しないのは勿体無いですから

ウェブサービスとCGMがサイトを変える! 情報自動生成!集客アップテクニック

ウェブサービスとCGMがサイトを変える!
個人レベルでも情報の量で企業と戦えるだけの環境が急速に整いつつあり、情報の量を使って実際に成功しているサイトが現れ始めている。本書では、個人サイトがいかにして、サイト集客を成功させていくかについて情報の収集/保管/提供、そして情報をお金に換える戦略を体系だって解説。今までのサイト集客の考え方がガラリと変わる、サイト集客戦略書の決定版。

情報自動生成!集客アップテクニック

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 ウェブの情報量の威力!(なぜ今サイトの情報量が注目されているのか?/個人が大企業と同じ土俵(ネット集客市場)で戦える! ほか)/2 投資先としての情報(情報量でサイト集客を図るにはどうすればいいか?/人を働かせる時代から、情報を働かせる時代へ ほか)/3 80対20の法則とスケールフリーネットワーク(ハブになって集客せよ!/今までのハブ化手法 ほか)/4 ハブを目指す時代からロングテールを拾う時代へ(コンテンツにおける情報の分類―自動化できる要素はなにか?/手動作成と自動作成を明確に分ける ほか)/5 情報量を利用した具体的な成功事例とその分類(自動コンテンツ制作サイトに共通する成功の特徴/情報量でみた自動コンテンツ成功の威力 ほか)
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
松本光春(マツモトミツハル)
1978年生。早稲田大学大学院理工学研究科博士後期課程修了。博士(工学)。1999年、昭和池田賞将来賞受賞。画像処理、アレイ信号処理、ロボティックス、セルフアセンブリなどに興味を持つ。早稲田大学理工学術院助教授。MM総合研究所所長。著述、研究、講師講演活動に従事する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

モバイル決済サービスの種類


その世界がベストかは分かりませんが、モバイル決済によって選択肢が増えることは間違いありません。
まさに、クレジットカードがそれですね。
ただ、クレジットカードを使用できる範囲がモバイル決済によってかなり広がってきました。
モバイル決済端末の普及は、クレジットカードの使用範囲を間違いなく広げてくれたでしょう。
そしてもう一つ、モバイル決済とは切手も切り離すことの出来ないアイテムがありますね。

モバイル決済が、当たり前に利用される世界になるために欠かせないアイテムといえば携帯電話です。
しかし、同時にとあるリスクを背負う事になります。
かなり便利なサービスなので、一度試しに利用してみるのも良いでしょう。
クレジットカードを作ってみたけど店で実際に使うのは何か怖い、という方もモバイル決済ならば誰に見せる必要もないので安心です。
こうして字にすると真新しい技術のように思われるかもしれませんが、モバイル決済の概念自体は昔から存在しました。
決済方法が選べるサービスもあり、いよいよ誰でも手軽にモバイル決済を使う事が出来るでしょう。
ひょっとすると将来的に、モバイル決済サービスが普及すれば現金を一切持たずにショッピングを楽しむ事が出来るかもしれません。
楽だからとモバイル決済に頼ってお金の管理を忘れてしまうと、いつの間にかなんて事になりかねません。
日本特有の、小銭の種類の多さに辟易する事もなくなるでしょう。
携帯電話を使用してモバイル決済をするためには色々と下準備が必要になりますが、一度済ませてしまえば後は使うだけです。
もちろん、これは現時点から懸念されている事なので将来的にモバイル決済が主流となる頃には意識的に改革案が存在するかもしれません。
小型軽量化されて誰でも手軽に持ち歩くことが出来、いつでもどもでもモバイル決済端末さえあれば各種支払が可能になりました

日本一のホームページ成功請負人が教える

日本一のホームページ成功請負人が教える
宿泊施設、ショッピングサイトなどネット集客に悩む全国の運営者必見。ECコンサルタントであり、楽天トラベルアワード受賞の旅館経営者でもある著者が、自らの成功例をふまえたネット集客のノウハウを惜しみなく公開。

究極のネット集客術

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 なぜ茜庵は開業わずか2年で稼働率100%の超人気旅館となったのか(パソコン初心者でも成せばなる!不安だらけのネットショップ経営/「素人が温泉旅館なんて上手くいくわけがない」と言われ ほか)/2 ホームページで顧客を拡大するための7つの法則(露出‐まずは自分の会社を知ってもらう/アプローチ‐見込み客を増やす ほか)/3 コツをつかんで利益につなげる!ホームページ集客術(ブランディング力を身につける/成功のカギはお客様目線 ほか)/4 茜庵を成功に導いたメールマガジン活用術(書き手のカラーを明確に/共感を得る内容 ほか)/5 さらなる検証で売上2000%UP!ホームページ成功術(最終目標を設定しよう/時間効率を考える ほか)
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
湯浅淳(ユアサジュン)
1975年生まれ。8年間、株式会社すかいらーくの社員として勤務し、史上最年少で店長に就任。5年間の店長時代には、店舗サービスコンテスト全国1位を獲得、新卒受け入れ店舗の店長として活躍していた。2004年、那須温泉に『湯宿茜庵』を開業。2005年の楽天トラベルお客様アンケートでは、開業1年にして登録施設22000件のなかから総合評価1位を獲得した。2006年にはネット集客勉強会『楽々やど仲間』を発足(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

モバイル決済用端末の種類


モバイルと言っても携帯電話の事ではなく、ハンディタイプの機器という事でモバイル決済なのです。
地方となると難しいですが、首都圏では徐々にモバイル決済が利用出来る環境が整いつつあるのではないでしょうか。
無粋な質問ではありますが、モバイル決済の知名度や普及度を知るのに適した質問でしょう。
今すぐにとはいきませんが、やがてモバイル決済が主流となる時代が来るかもしれません。
ところで、実際にこのモバイル決済を利用して何かを購入した、或いは何らかのサービスを受けた事があるという方はいるでしょうか。

モバイル決済端末をご存じですか。
そのモバイル決済端末で何をするかですが、ずばりクレジットカードやキャッシュカードの情報を読み取るのです。
読み取ると言ってもカード内の個人情報をダダ漏れさせるのではなく、モバイル決済をするための情報を読み取るのです。
上述したモバイル決済とは若干意味合いが違ってくるものですが、モバイル決済端末というものがあります。
つまり、突発的な何らかの料金徴収の際にモバイル決済端末があれば、現金の持ち合わせがなくとも支払いを完了する事が出来るのです。

モバイル決済とひとえに言っても、色々な意味がありツールが存在します。
ブログやサイトから、モバイル決済について詳しい情報をチェックしてみませんか。
全てモバイル決済に依存しようと考えるのはまた意味合いが違ってきますが、手段の一つとして用意されているとかなり便利です。
現金の持ち合わせがなくて無駄骨を折る事もなくなるでしょう。
一方で、モバイル決済という視覚的に現金を取り扱わない支払いシステムは金銭感覚を麻痺させてしまう危険性を孕んでいます。
クレジットカード破産などが、その例として相応しいでしょう。
モバイル決済は便利なものですが、その便利さに振り回されないようしっかりと情報は把握しておきたいですね。
ただ、それらに共通して言えるのが現金不要という事です

SEO&SEM対策の決定版!できる100ワザSEO & SEM

アクセス数激増!アクセス解析やアドワーズ広告までフォローしたSEO&SEM対策の決定版

できる100ワザSEO & SEM

本書はSEO、SEMについての具体例が100項目に渡って紹介されている本。SEOやSEMに詳しい方にとっては当たり前のことが書いてあるかもしれないが、それでもかなり勉強になる本だと思う。
SEO、SEM初心者の方はもちろん、SEO、SEMについてある程度知っているけれども、なかなか成果が出ない、といった方にもおススメできる一冊。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
大内範行(オオウチノリユキ)
アユダンテ株式会社、エグゼクティブプロデューサー。日本アイ・ビー・エムでSIのプロジェクトマネジャー、マイクロソフトでMSNプロデューサーを経て、2000年6月にイージャパン(現ECジャパン)を設立。日本にSEO市場を創造する。大手ポータルサイトやショッピングサイトのプロデュースを多数手がける

ジェフルート
アユダンテ株式会社、サーチマーケティングバイスプレジデント。デトロイト出身、ニュージーランド在住。北米や中央アメリカのコスタリカなどでSEOに携わる。日本とは10年前から何度も行き来する。ECジャパンサーチマーケティングバイスプレジデントを経て現職

安川洋(ヤスカワヒロシ)
アユダンテ株式会社、代表取締役社長。1989年日本アイ・ビー・エムを経て1994年マイクロソフト入社、MSN立ち上げマネージャー、Pocket PCプロジェクトマネージャー、モバイル戦略を担当。大手キャリアとのジョイントベンチャー立ち上げなどに携わった後、ECジャパンの前身、イージャパンCTOに就く。2006年、アユダンテ株式会社創業

江沢真紀(エザワマキ)
アユダンテ株式会社、SEOコンサルタント。ECジャパンチーフSEOスペシャリスト。2001年よりイージャパンにてジェフルートに師事、SEO分野を日本で拓き、約50の大手サイトのSEOを手がけた。システムと融合させたSEOコンサルタントや、集客とともにユーザビリティ、ログ分析など包括的なコンサルティングを得意とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。