REITとは

REITという言葉は、投資自体に興味が無い人にとって、それほどなじみの無い言葉であるといえるかもしれません。
数年前から、お金を貯めるだけではなく、投資するべきだという考えが急速に広まり始めたため、REITも前より少しはメジャーになったとは思います。
不動産に対する投資自体は、かなり歴史があるといえます。
しかし、REITなどは、これからもっとメジャーになっていくという可能性があります。
そもそも、REITの投資信託というシステムがどういうものということすら、あまり分からないという方もいるかもしれません。
まだまだ、日本ではREITは、そこまでメジャーなものではないように思いますが、自分には関係ないと言わず、よく調べておくべきでしょう。

REITとは何か、そのメリットや、あるいはデメリットなどをしっかりと把握して起きたいところだとは思います。
それでは、REITとは、一体どういう投資のことを指すのでしょうか。
REIT=不動産投資信託であると聞けば尚更ではないでしょうか。
もっとも、これはREITに限っていった話ではなく、投資と名のつくものにはつき物のリスクといえると思います。
投資というものの本質がそういうものですから、REITを行う場合でも、そのリスクは理解したうえで無ければいけないと思いますね。
日本でも、老後のまとまった資産形成のためにREITを選択する人が増えるかもしれません。
そのメリット及びデメリットを正しく理解したうえで、余剰資産をREITにまわすことは、ひとつの選択肢としてあるかもしれません。
こんな時代だからこそ、REITとは何か、あらためて注目してみるべきタイミングなのかもしれませんね。
REITについてはインターネットで詳しい情報を調べることができるので、興味のある人は調べてみるとよいと思います

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。