【儲ける】私は株で200万ドル儲けた

私は株で200万ドル儲けた私は株で200万ドル儲けた
商品副データブレイクアウト売買法元祖「ボックス理論」の生い立ちPanRolling libraryニコラス・ダーバス/飯田恒夫パンローリングこの著者の新着メールを登録する発行年月:2008年05月登録情報サイズ:文庫ページ数:280pISBN:9784775930526【内容情報】(「BOOK」データベースより)いまなお多くの投資手法に取り入れられている「ボックス理論」の発案者、ニコラス・ダーバス。多少なりともマーケットに関心のある人間であれば、遅かれ早かれその名前を知ることになるであろう伝説的人物である。本書は、彼が投機家としてはまったくの素人だった時代から、やがてボックス理論を発見して200万ドルを稼ぐに至るまでをつづったノンフィクションである。【目次】(「BOOK」データベースより)第1部 ギャンブラー(カナダ株の時代)/第2部 ファンダメンタリスト(ウォール街に乗り出す/最初の危機)/第3部 テクニカル分析(ボックス理論の開発/地球を駆けめぐる電報)/第4部 テクノ・ファンダメンタリスト(小型の弱気相場/効力を発揮し始めた投資理論/最初の五〇万ドル/二度目の危機/二〇〇万ドル)【著者情報】(「BOOK」データベースより)ダーバス,ニコラス(Darvas,Nicolas)ショービジネスの世界で最もギャラの高いペアダンサー。幾多の苦労の末、マーケットの上昇や下落に関係なく通用するボックス理論を構築し、株式市場で200万ドル以上の利益を上げ、資産家になる長尾慎太郎(ナガオシンタロウ)東京大学工学部原子力工学科卒。日米の銀行、投資顧問会社、ヘッジファンドなどを経て、現在は大手運用会社勤務飯田恒夫(イイダツネオ)1961年大阪大学法学部卒業後、丸紅飯田に入社。主に鉄鋼貿易業務に従事し、この間アメリカ、トルコなど14年間の海外駐在を経験。1996年丸紅を退職、同年現地鉄鋼商社のアドバイザーとしてタイ国に渡る。2000年タイより帰国、以後、翻訳活動に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本 > ビジネス・経済・就職> 株・資金運用
さらに詳しい情報はコチラ≫



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。