【儲ける】ひとりで儲ける時代

ひとりで儲ける時代ひとりで儲ける時代
商品副データ夢を追い越した男「金と仕事」のド根性哲学天野雅博日新報道この著者の新着メールを登録する発行年月:2007年04月登録情報サイズ:単行本ページ数:209pISBN:9784817406484【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 「起業戦士・天野雅博」はこうして生まれた/第2章 素人根性では起業は無理/第3章 「起業戦士」に必要な「五つの能力」/第4章 成功のカギは「攻め百パーセント」の姿勢にあり/第5章 答えを出し続けられる人間が勝つ/第6章 失敗は次なるビジネスの礎だ/第7章 人は雇わずマネジメントしろ/第8章 天野流「金銭哲学」/第9章 勝ち続けるための、天野流ビジネスの極意/第10章 なぜ今「ひとりで儲ける時代」なのか【著者情報】(「BOOK」データベースより)天野雅博(アマノマサヒロ)1967(昭和42)年、北海道雨竜郡沼田町に生まれる。両親に認知されず、養護施設で幼少期を過ごす。小学生時代から放浪癖があり、施設の脱走を繰り返す。中学時代、暴走族を率いたかどで、少年院に入れられる。18歳の時、ヤクザとの金銭トラブルから相手を傷つけ、松本刑務所に入所。出所後、リサイクルブティックを経営。その後も露天商、金融業、宝石箱、クリーニング、新聞拡張団などのビジネスを経営し、いずれも成功を収める。31歳の時、アメリカ訪問時にヒントを得た酸素事業を国内で展開、酸素ブームを作る。酸素飲料、酸素化粧品とあらゆる商品がヒットする。33歳で酸素事業を売却、独立起業家への投資事業を始め、2年間で47社のオーナーとなる。現在は経営の一線を退き、個人として起業を志す人の独立開業支援を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本 > ビジネス・経済・就職> その他
さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]FXCM
| 起業

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。