【起業】夢の牧場経営で1000万円稼ぐ法

夢の牧場経営で1000万円稼ぐ法夢の牧場経営で1000万円稼ぐ法
商品副データ仕事は朝晩2時間が基本!花巻龍一ダイヤモンド社この著者の新着メールを登録する発行年月:2009年10月登録情報サイズ:単行本ページ数:219pISBN:9784478011355空前の農業ブームですが、米や野菜をつくるばかりではありません。乳牛と肉牛をあつかう酪農(牧場経営)も意外と儲かるのです。生き物相手だから休む暇もないように思われますが、うまくシステム化できれば、少ないときは1日4時間労働、家族旅行にもいけるのです。地上げ屋あがりの著者が実体験をベースに効率的な酪農経営手法を紹介します。【内容情報】(「BOOK」データベースより)農業よりも簡単、農家はもちろん、サラリーマンもOLも牛1頭から始められる。効率化した仕事の仕組みをつくれば、高収益経営ができる。バブルはじけて、泣く泣く帰郷。家業の農業を転換し、牧場経営で大成功!儲かる!牧場経営のノウハウ満載。【目次】(「BOOK」データベースより)序章 ビジネスのセンスが牧場経営で役立つ(営農専門書ではなく、ビジネス書が役に立つ/牧場経営は「ドラゴンクエスト」の賢者のようなもの ほか)/第1章 牧場経営はサラリーマンでも参入できる(和牛素牛繁殖牧場の基本作業は1日4時間/牛に蹴られないように注意 ほか)/第2章 牧場で1000万円超の収入になる!(牧草畑作業は徐々に拡大、面積を2倍にする/モアコンを使えば、大規模な畑も1人でできる ほか)/第3章 高収益経営の秘訣は、激安に入手すること(離農した農場や牧場は意外と転がっている/土地を借りるのにはいろいろな方法がある ほか)/第4章 アウトソーシングで自由時間をつくる(いかに労働をほどほどにするかを工夫する/人材派遣を活用して休日をつくる ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)花巻龍一(ハナマキリュウイチ)1968年生まれ。北海道の農業高校卒業後、飲食関係の会社員となる。中古車販売会社、マンション販売の不動産会社などの職を転々とし、バブル時代に青春を過ごす。バブル崩壊でマンション販売では稼ぐことができなくなり、実家に戻りニート生活状態に…。失意の中、心機一転で実家の農業を継ぎ、牧場経営に転換する。革新的なアイディアで牧場経営を持続発展させ、現在に至る。およそ3000万円の売上、減価償却やさまざまな控除によって課税所得は少ないが、キャッシュフローは1000万円稼いでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本 > ビジネス・経済・就職> 株・資金運用
さらに詳しい情報はコチラ≫


| 起業

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。